初めての方へ 無料相談はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-073844

受付時間9:00~18:00(平日)

相続登記を自分でやろうとしたが挫折したケース

2023.12.20

1. お客様のご状況

神奈川県在住の50代男性、Aさんからのご相談でした。

Aさんの父が亡くなり、Aさんが代表で相続手続きを進めていました。

Aさんの奥様はご自身でできるところまで手続きしなければいけないと思い、四苦八苦しながら何か月もかけて戸籍謄本等を集め、遺産分割協議書の作り方を調べてなんとか完成させました。

ところが不動産の名義変更の段階になると難しくてやり方がわからず、お手上げの状態となってしまいました。書類までは自力で揃えたけれど、名義変更の手続きをお願いしたいと、ご相談にこられました。

【被相続人=亡くなった方】
・Aさんの父

【相続人】
・妻
・長男(Aさん)
・長女のお子様(長女が先に死亡していたため代襲相続が発生)
・二男

【財産状況】
・ご自宅の土地建物
・預貯金
・株等の有価証券

2. 当事務所からの提案&お手伝い

Aさんの方で準備していただいた戸籍謄本や遺産分割協議書に問題ないか確認し、そのまま利用できるようであれば、不動産の名義変更(相続登記)のみ当事務所でお手伝いさせていただくことになりました。

当事務所では、下記のサポートを行いました。

① 戸籍謄本、遺産分割協議書のチェック
② 相続関係説明図作成
③ 自宅の土地建物の名義をA様に変更(相続登記)

3. 結果

Aさんが作成した遺産分割協議書を確認すると、所々文字の誤り等があったものの、手続きには十分使用できるものであり、戸籍もすべて揃っていたため、当事務所で相続登記を行い完了しました。

Aさんは、「自分で相続手続きに必要な書類を集めていたが、想像していた以上に大変だった。全部お任せできるのなら最初からすればよかった。」と仰っていました。

特にAさんの場合、代襲相続(相続人の中に先に死亡した方がいる場合、その子が変わって相続する)が発生していたため、通常の相続よりも書類を集めるのが大変だったと思います。

当事務所ではすべて必要書類の収集からすべてお任せいただけるプランをご用意していますので、こういったケースでは是非ご検討いただきたいと思います。

当事務所では相続の相談は無料で承っております

メールでお問い合わせの場合は下記よりお問い合わせください。

    お名前(必須)

    お名前(カナ)

    Eメール(必須)

    郵便番号

    住所

    電話番号

    FAX番号

    お問い合わせ内容(必須)

    この記事の執筆者
    司法書士法人スターディオ 代表司法書士 保坂真世
    保有資格司法書士(神奈川県司法書士会:登録番号 1592)
    専門分野相続・ 中小企業法務・不動産売買
    経歴平成21年:司法書士試験合格/平成26年:独立
    専門家紹介はこちら