初めての方へ 無料相談はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-073844

受付時間9:00~18:00(平日)

亡くなった母の負債の全容がわからない相続放棄のケース

2023.12.20

1. お客様のご状況

神奈川県在住の40代女性、Aさんからのご相談でした。

Aさんの母が亡くなりました。Aさんの母は離れて一人暮らしていたため、詳しい生活状況はわかりませんでしたが、財産はほとんどなく、借金癖があったことが気がかりでした。

相続を放棄する場合、期間が3ケ月と聞いて、急がなければと心配になりご相談にこられました。

【被相続人=亡くなった方】
・Aさんの母

【相続人】
・長女Aさん
・長男

【財産状況】
・預貯金
・負債(クレジットカードの借入等)

2. 当事務所からの提案&お手伝い

Aさんには、負債の詳細については通帳や相続放棄の熟慮期間の間に届く郵便物を確認したり、信用情報機関への調査である程度確認できることをご説明しました。

ただAさんのお母様の預貯金は数万円程度しかなく、判明している借金だけでもマイナスになってしまうことから、Aさんはすぐに相続放棄をしたいとの希望があり、手続きを進めることになりました。

Aさん含め子供たちが全員相続放棄をすると、次順位のAさんの母の兄弟姉妹に相続権が移る旨をご説明し、お母様の兄弟姉妹の相続放棄までお手伝いさせていただくことになりました。

当事務所では、下記のサポートを行いました。

① 戸籍等必要書類の収集
② 相続放棄申述の書類作成
③ 母の兄弟姉妹への連絡、相続放棄申述の書類作成

3. 結果

相続人全員の相続放棄手続きが無事に完了しました。

その後しばらくしてから、把握していなかった借金について母の債権者から督促が届き始め、相続放棄をしておいてよかったと大変安堵されていました。

相続放棄は期限が短いので、迅速な手続きと次順位の相続人への配慮も必要になります。相続放棄するか悩んでいる方は、期限が過ぎてしまうことのないよう、まずはご相談にきていただければと思います。

当事務所では相続の相談は無料で承っております

メールでお問い合わせの場合は下記よりお問い合わせください。

    お名前(必須)

    お名前(カナ)

    Eメール(必須)

    郵便番号

    住所

    電話番号

    FAX番号

    お問い合わせ内容(必須)

    この記事の執筆者
    司法書士法人スターディオ 代表司法書士 保坂真世
    保有資格司法書士(神奈川県司法書士会:登録番号 1592)
    専門分野相続・ 中小企業法務・不動産売買
    経歴平成21年:司法書士試験合格/平成26年:独立
    専門家紹介はこちら